持続可能なサスティナブル社会をめざして。

当社がめざしているテーマ、

“ 持続可能なサスティナブル社会の実現 ”

これは、一般には環境問題と言われています。
でも実は、人権問題でもあります。
では誰の人権なのかというと、

これから成長する人たちや、
これから生まれてくる、
未来の人々の権利です。


まだ子供であれば、
まして生まれてもいなければ、
未来の人々は何もできません。

だから、彼らが健やかに生きられる
地球環境を残すということは、
大人として今を生きる我々が
取り組むべきことではないでしょうか。

23165009_M_1920_1080.jpg

ところで皆さんは、人権問題といったら誰を連想しますか?

インドのガンジーや、アメリカのキング牧師を思い出す人も多いでしょう。

彼らは人種差別の向きをハッキリと変え、
世界中に大きな影響を及ぼしました。


たとえ、私たちに彼らのような、
世界的な変化を創り出すことができなかったとしても、
何か取り組みたい。

偉人たちの取り組みを研究し、見習い、
目標とする「持続可能なシャスティナブル社会」をめざし、
資源や自然環境の浪費時代の向きを変えることに、
微力でも尽していきたいと考えています。


では、具体的にどんな活動をするのかといえば、
現代において資源や自然環境を考えるなら、

経営者の皆さんの考え

まずこれが変化しなければ社会に変化は起きないと思います。
消費者の皆さんの心理では、具体的に商品を見てから、
受け容れる、受け容れないを決めるという、
受け身の立場だからです。

だから、今の普及技術や業界の常識よりも、
さらに地球にやさしい代替え技術に取り組む会社を探し、
スポットを当てていきたいと思います。

でも、製造事業者だって会社が成り立たなければ
革新的なことに取り組めません。
「志」だけではご飯は食べられないのです。


だから私たちは、製品の開発プロセスに、
私たちが得意とするマーケティング、
販路開拓、プロモーションで貢献していきます。

できるだけ小さな資金で成功するよう、
アドバイスと協力をしていきます。

これは私たちの宣言です。


そして、もうひとつの肝心なこととして、
研究開発や商品の製造に必要な
資金の獲得についてもサポートします。


次世代のために真摯に向き合った製品は、
必ず人々の心に届き、
共感してくれる消費者が現れます。


その共感した気持ちが、
その人の消費行動に変化をもたらすと
私たちは確信しています。


●マネジメント&ライツ合同会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1-1-10 立川ビル5F
TEL.050-3736-1163/FAX.050-3488-7277

当社のHPはこちら

▼運営会社情報

JMIA

Author:JMIA
「日本の製造業は、開発がうまい企業になろう!」をめざす、日本ものづくり自営会(Japan Manufacturing Industry Association、略称JMIA)はマネジメント&ライツ合同会社が主宰しています。

QRコード

QR

▼ご質問・ご相談はこちら

記事についてのご質問がある方、相談できる相手がなくて不安だという方は、お気軽にご相談ください。

名前:
メール:
件名:
本文: