補助金に採択されるための条件

募集要項の条件にマッチして
応募の申請書類を提出しても、
事業の優れた特徴が伝わらなければ
採択はされません。

では、採択されるための条件とは
いったいどんなものでしょうか?


1、タイミングは適切?
2、申請書はわかりやすい?
3、エビデンス(証拠)がある?


005.png

別の記事でも申し上げましたが、
補助金は税金や寄付金が原資です。

だから“公益性”“公平性”
とても重視されます。

その特徴が条件となって現れるので、
共通的に下記の3つは要求されます。


1、タイミングは適切?
アイデア発案から商品完成までの間に
補助金を受けるのに適切な段階があって
その“適切な段階”で申請しているか
ということです。

具体的なタイミングについては、
別の記事でもう少し詳しく書きます。

また、事業の新しさも必要です。

税金などの公的資金を使うので、
事業が成功したときに
良い影響を社会に還元できる
“公益性”を重視しましょう。


2、申請書はわかりやすい?
どんなに良い事業でも、
他の人にうまく伝わらなければ
正しく評価してもらえません。

審査員は比較的少人数で、
応募された全ての案件を審査します。
だから、自分の専門分野でないものも
当然にたくさんあります。

つまり、皆さんの申請書も、
専門性においては門外漢に審査される
と思って間違いありません。

だからこそ、申請書は
専門用語を避けて、
誰にでも伝わるものを
作る必要があります。


3、エビデンス(証拠)がある?
伝わりやすさと同様に、
信頼できる証拠の有無が
重視されます。

もちろん、自社で調べたものより
できるだけ公的な第三者機関で調べた
データは高く評価されます。


申請までにこれらを準備して、

事業が実現できるものであること、

税金を投入してもらうのに
ふさわしい社会性があること、


それを、わかりやすい資料で
審査員にしっかり伝えましょう!


相談できる相手がなくて不安だという方は、
弊社にご連絡いただければ幸いです。

お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

▼運営会社情報

JMIA

Author:JMIA
「日本の製造業は、開発がうまい企業になろう!」をめざす、日本ものづくり自営会(Japan Manufacturing Industry Association、略称JMIA)はマネジメント&ライツ合同会社が主宰しています。

QRコード

QR

▼ご質問・ご相談はこちら

記事についてのご質問がある方、相談できる相手がなくて不安だという方は、お気軽にご相談ください。

名前:
メール:
件名:
本文: