補助金にはどんな特徴があるのか?

shikin.jpg

以前、シンクタンクが経営者を対象に
補助金について尋ねたところ、
約7割の人が存在自体を知らないと
答えたという調査結果もあります。

存在そのものが知られていないぐらいなので、
その特徴については尚更だと思います。

では、補助金とはどんな特徴があるのでしょうか?

個々にいろいろ特徴があり、
もちろん例外もありますが、
共通的な特徴は下記の4つです。

1、返済不要
2、一部補助
3、事後受領
4、使途制限


では、それぞれの特徴について、
短く解説してみます。


1、返済不要
借金とちがって、
計画通りに進めば基本的には
補助金は返済の必要がない資金です。

ただし、一定以上の利益が出たら、
計算式に則って返納することはあります。


2、一部補助
採択された事業の費用を全額補助する
特別な募集もたまにありますが、
今の主流は、半分補助とか、3分の2補助です。

なお、東京都などに例外はありますが、
補助事業開始の指定日より前に使った費用は
補助対象にはなりません。


3、事後受領
一部の例外を除いたほとんどの補助金は、
一旦自己負担で支払っておいて、
年度末に一括で支給される「清算方式」です。

これを知ってガッカリする経営者も
多いようですが、
従って、補助金そのものは資金繰りに
直接的には役立ちません。

ただし、補助金に採択されれば
その分を金融機関が貸してくれる
場合もありますので、
申請するときは取引のある銀行等に
ご相談してみてください。


4、使途制限
申請書の中に書いた事業について
資金援助されるものなので、
申請の内容と違うことに使っても
補助されません。

また、採択された事業の費用でも、
設備費はOKでも宣伝費はダメとか、
補助金ごとに対象となる経費の
種類が決まっています。


共通的な特徴について記載しましたが、
個々の詳細については募集要項に
あらかじめ記載されていますので、
申請前にチェックしましょう。


>主要な募集情報を知りたい方には、
こちらのメルマガで無料配信されています。

▼運営会社情報

JMIA

Author:JMIA
「日本の製造業は、開発がうまい企業になろう!」をめざす、日本ものづくり自営会(Japan Manufacturing Industry Association、略称JMIA)はマネジメント&ライツ合同会社が主宰しています。

QRコード

QR

▼ご質問・ご相談はこちら

記事についてのご質問がある方、相談できる相手がなくて不安だという方は、お気軽にご相談ください。

名前:
メール:
件名:
本文: